海の写真

Welcome to ringo-apo.com website.



GitHubテスト

20171219_cs_gitTest
682-552-7500

スケジュール管理

スケジュール管理プログラム

20171020_sb_java_hajimeteno_SpringBoot_3.5

顧客管理システム改良 ID順表示
/ringo-apo.com:8094/customers
実行の仕方
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171020_sb_java_hajimeteno_SpringBoot_3.5/chapter03/3.5_hajiboot-security-thymeleaf3
mvn spring-boot:run --define server.port=8094 &

Gradleの使い方

Gradleの使い方に関する事

Gradleのサイト
/gradle.org/

Gradleのバージョン確認する

                            gradle -v
                        

プロジェクトを作成する

Javaプロジェクトを作成する

                            gradle init --type java-library
                        

Helloworldしてみる

Mainプログラムの作成

                                public class Hello {
                                    public static void main(String[] args){
                                        System.out.println("Hello");
                                    }
                                }
                        

コンパイルする

                            gradle build
                        

実行

mainフォルダに移動する。
cd D:\data\develop\making\20171023_java_jpa\build\classes\main
classファイルを実行する
java Hello
「Hello」と表示される

日本語について

日本語(UTF-8)を書くとコンパイルできない。
対応するためにはGradle自身の設定ファイルを変更する必要がある。
すなおにWindows-jで記述し、保存する

Mavenの使い方

Mavenの使い方に関すること。

MavenでHelloworld2

mvn archetype:generate
Choose a number or apply filter : ←Enterキーを押す
Choose org.apache.maven.archetypes: ← 6 「1.1」を選択
Define value for property 'groupId': ← com.example と入力
Define value for property 'artifactId': ← mvn-app と入力
Define value for property 'versin' 1.0-SNAPSHOT : ← そのままリターン
Define value for property 'package' com.example : ← そのままリターン
Y: : ← そのままリターン

pom.xmlの修正
<project>タグの中に下記を追記

<build>
    <plugins>
        <plugin>
            <groupId>org.codehaus.mojo</groupId>
            <artifactId>exec-maven-plugin</artifactId>
            <configuration>
                <mainClass>com.example.App</mainClass>
            </configuration>
        </plugin>
    </plugins>
</build>

            
mvn clean
mvn compile
mvn package
mvn exec:java
「Helloworld」と表示される

プログラミング研究室

プログラミングに関するページ

8155265319

MySQL

MySQLに関するページ

esthesio

CentOS6

CentOS6に関するページ

844-912-4275

PlayFrameworkで開発したもの

/www.playframework.com/

新しいプロジェクトを作成する際は下記を実行する。
sbt new playframework/play-scala-seed.g8

コンパイル
sbt compile

実行
sbt run

URL
/localhost:9000


20170912_pfScala

/ringo-apo.com:9001
ファイル位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20170912_pfScala
※実行する前にターミナルで「20170912_pfScala.sh &」を実行すること

20170915_pfScala

/ringo-apo.com:9002
事前に「20170915_pfScala.sh &」を実行すること
プロセスの終了方法:RUNNINGIDで番号を確認して「kill 12345 ←番号」を実行する
プロセスの状況は「ps aux」で確認できます
シェルファイル位置:/usr/local/bin/20170515_pfScala.sh
プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20170915_pfScala


Spring Bootで開発したもの

/spring.io/

新しいプロジェクトを作成するには、下記サイトでプロジェクトを作成し、ダウンロードする。
/start.spring.io/

ビルド mavenの場合
クリーン
mvn clean

コンパイル
mvn compile

実行
mvn spring-boot:run


ビルド gradleの場合
クリーン
gradle clean

コンパイル
gradle build

実行
gradle bootRun

URL
/localhost:8080


20170919_sf_web_gradle

3344520795
事前に「20170919_sf_web_gradle.sh &」を実行しておくこと
シェルファイル位置:/usr/local/bin/20170919_sf_web_gradle.sh
プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/making/20170919_sf_web_gradle
port番号の設定ファイル:/home/apo/Documents/develop/making/20170919_sf_web_gradle/demo/src/main/resources/application.properties
プロセスの終了方法:「ps aux」で「demo-0.0.1-SNAPSHOT.jar」のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する


20171002_Spring-MVC-with-Spring-Boot-Kotlin-and-Thymeleaf-master

Kotlin Thymeleafを使用したHelloWorld
/ringo-apo.com:8082
事前に「java -jar /home/apo/Documents/develop/complete/20171002_Spring-MVC-with-Spring-Boot-Kotlin-and-Thymeleaf-master/target/com-turreta-springboot-springmvc-kotlin-0.0.1-SNAPSHOT.jar --server.port=8082 &」を実行しておくこと
シェルファイル位置:シェルなし
プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20171002_Spring-MVC-with-Spring-Boot-Kotlin-and-Thymeleaf-mastere
プロセスの終了方法:「ps aux」で「demo-0.0.1-SNAPSHOT.jar」のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する
Buildツール:maven
開発言語:Kotlin


20171010_sb_java_controller

Controllerを使用したHelloworld
/ringo-apo.com:8084
事前に下記を実行のこと
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171010_sb_java_controller/gs-serving-web-content-master/complete &
mvn spring-boot:run
シェルファイル位置:シェルなし
プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20171010_sb_java_controller
port番号の設定ファイル:/home/apo/Documents/develop/complete/20171010_sb_java_controller/gs-serving-web-content-master/complete/src/main/resources/application.properties
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する



gs-uploading-files-master

ファイルのアップロード/ダウンロード
/ringo-apo.com:8085
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/gs-uploading-files-master/complete
mvn spring-boot:run &
シェルファイル位置:シェルなし
プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/gs-uploading-files-master/complete
port番号の設定ファイル:/home/apo/Documents/develop/complete/gs-uploading-files-master/complete/src/main/resources/application.properties
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する



20171012_gs-uploading-files-master

ファイルのアップロード/ダウンロード 最大10MB
loofness
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171012_gs-uploading-files-master/complete
mvn spring-boot:run &
シェルファイル位置:シェルなし
プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20171012_gs-uploading-files-master/complete
port番号の設定ファイル:/home/apo/Documents/develop/complete/20171012_gs-uploading-files-master/complete/src/main/resources/application.properties
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する



3.5_hajiboot-security-thymeleaf3

ログイン認証機能
書籍「はじめてのSpringBoot」サンプルファイル3.5
URL:/ringo-apo.com:8089/customers
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/3.5_hajiboot-security-thymeleaf3
mvn spring-boot:run &
シェルファイル位置:シェルなし
port番号の設定ファイル:/home/apo/Documents/develop/complete/3.5_hajiboot-security-thymeleaf3/src/main/resources/application.properties
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する



20171102_sb_java_web_Devtool_JPA_MySQL_Thymeleaf_security

Devtool,JPA,MySQL,Thymeleaf,Securityを使った最もシンプルプログラム
URL:7865621073
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171102_sb_java_web_Devtool_JPA_MySQL_Thymeleaf_security/demo
mvn spring-boot:run &
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する



20171110_sb_session

HttpSessionを使ったプログラム
実行するとSessionIdが表示されます
URL:(775) 488-9000
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171110_sb_session
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8091 &
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する



20171112_sb_session

HttpSessionのシンプルプログラム
実行するとSessionIDと変数(akira)が表示される
URL:/ringo-apo.com:8092/
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171112_sb_session
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8092 &
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する

プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20171112_sb_session

20171113_sb_session

HttpSessionサンプル
セッションを使うことでブラウザごとに変数を扱うことができる
URL:(630) 791-5146
事前に下記を実行すること
cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171113_sb_session
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8093 &
プロセスの終了方法:「ps aux」で該当のプロセス番号を確認し、「kill 12345 ←プロセス番号」を実行する

プログラム位置:/home/apo/Documents/develop/complete/20171113_sb_session

20171115_sb_controller_directry

Controllerを使用したDirectryサンプル
/localhost/, /localhost/dir1, /localhost/dir2というディレクトリを設定しています。
/home/apo/Documents/develop/complete/20171115_sb_controller_directry
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171115_sb_controller_directry
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8094 &
            
9375002666


20171117_sb_sbprogramming_nyumon_list4-7

SpringBootプログラミング入門
Chapter4 リスト4-7
/home/apo/Documents/develop/complete/20171117_sb_sbprogramming_nyumon_list4-7\demo
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171117_sb_sbprogramming_nyumon_list4-7/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8095 &
            
2128763603


20171117_sb_sbprogramming_nyumon_list4-19_p167

SpringBootプログラミング入門
4.2構文・インライン・レイアウト 繰り返しの「th:each」
Chapter4 リスト4-19
/home/apo/Documents/develop/complete/20171117_sb_sbprogramming_nyumon_list4-19_p167/demo
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171117_sb_sbprogramming_nyumon_list4-19_p167/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8096 &
            
/ringo-apo.com:8096


20171120_sb_2.8_enshu_makingEntity

SpringDataJPA 演習2.8エンティティの作成
/home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_2.8_enshu_makingEntity
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_2.8_enshu_makingEntity
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8097 &
            
/ringo-apo.com:8097/employee/list


20171120_sb_3.5_enshu_makingRepository

SpringDataJPA 演習3.5リポジトリーの作成
/home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_3.5_enshu_makingRepository
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_3.5_enshu_makingRepository
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8098 &
            
/ringo-apo.com:8098/employee/list


20171120_sb_4.5_enshu_dataAccess

SpringDataJPA 演習4.5 様々なデータアクセスの実装と利用
/home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_4.5_enshu_dataAccess/spring-data-jpa
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_4.5_enshu_dataAccess/spring-data-jpa
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8099 &
            
/ringo-apo.com:8099/employee/list


20171120_sb_5.7_enshu_relationship

SpringDataJPA 演習5.7 リレーションシップの定義と利用
/home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_5.7_enshu_relationship/spring-data-jpa
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171120_sb_5.7_enshu_relationship/spring-data-jpa
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8100 &
            
/ringo-apo.com:8100/employee/list


20171121_sb_sbprogramming_nyumon_list5-8_p212

SpringBootプログラミング入門
5.2 エンティティのCRUD
Chapter5 リスト5-8 p212
/home/apo/Documents/develop/complete/20171121_sb_sbprogramming_nyumon_list5-8_p212/demo
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171121_sb_sbprogramming_nyumon_list5-8_p212/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8101 &
            
/ringo-apo.com:8101/


20171121_sb_sbprogramming_nyumon_list5-9_p215

SpringBootプログラミング入門
5.2 エンティティのCRUD
Chapter5 リスト5-12 p219
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171121_sb_sbprogramming_nyumon_list5-9_p215/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8116 &
            
Labor charter


20171124_sb_jpa

JPAを利用してMySQLを操作する
sample.userテーブルを表示します。
テキストボックスに'1'を入力すると、データが表示されます。
参考URL /ts0818.hatenablog.com/entry/2017/09/10/102052
実行
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171124_sb_jpa/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8117 &
            
bastard balm


20171127_sb_sbprogramming_nyumon_fig5-13_p224

SpringBootプログラミング入門
5.2 エンティティのCRUD
Chapter5 図5-13 p224
/localhost:8117/delete/1 とするとID1を削除します
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171127_sb_sbprogramming_nyumon_fig5-13_p224/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8118 &
            
4082968870


20171127_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-4_p269

SpringBootプログラミング入門
6.1 EntityManagerによるデータベースアクセス
Chapter5 図6-4 p224
/localhost:8118 とすると、MyDataテーブルのリストが表示される
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171127_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-4_p269/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8119 &
            
/ringo-apo.com:8119/


20171128_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-10_p280

SpringBootプログラミング入門
6.2 JPQLを活用する
Chapter6 図6-9 p280
テキストボックスにID番号を入力すると、検索結果が表示されます
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171128_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-10_p280/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8120 &
            
(613) 812-3670


20171128_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-10_p282

SpringBootプログラミング入門
6.2 JPQLを活用する
Chapter6 図6-10 p282
テキストボックスに文字を入力すると、idまたはnameまたはmailにそのテキストを含むテンティティをすべて検索します。
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171128_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-10_p282/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8121 &
            
extra-illustrate


20171129_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-11_p287

SpringBootプログラミング入門
6.2 JPQLを活用する
Chapter6 図6-11 p287
「findAllOrderByName」の利用
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171129_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-11_p287/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8122 &
            
/ringo-apo.com:8122/


20171129_sb_springDataJPA_ensyu7.3

SpringDataJPAプログラミング入門
Chapter7 セキュリティー
7.3 演習 認証の実装

UserとPassword
User:yamada
Password:taro
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171129_sb_springDataJPA_ensyu7.3
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8123 &
            
(714) 244-1067


20171201_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-12_p289

SpringBootプログラミング入門
6.2 JPQLを活用する
図6-12 p289
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171201_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-12_p289
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8124 &
            
4047172339


20171202_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-13_p292

SpringBootプログラミング入門
6.2 JPQLを活用する
図6-13 p292
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171202_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-13_p292
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8125 &
            
/ringo-apo.com:8125/


20171202_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-14_p293

SpringBootプログラミング入門
6.2 JPQLを活用する
図6-14 p293
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171202_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-14_p293
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8126 &
            
7172544504


20171211_sb_springDataJPA_ensyu9.3

SpringDataJPAプログラミング入門
Chapter9 RESTサービス
9.3 演習 Spring Data RESTの利用

UserとPassword
User:yamada
Password:taro
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171211_sb_springDataJPA_ensyu9.3
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8127 &
            
(815) 235-0981


20171212_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-15_p298

SpringBootプログラミング入門
6.3 Criteria APIによる検索
Chapter6 図6-15 p298
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171212_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-15_p298/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8128 &
            
/ringo-apo.com:8128/


20171212_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-16_p300

SpringBootプログラミング入門
6.3 Criteria APIによる検索
Chapter6 図6-16 p300
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171212_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-16_p300/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8129 &
            
7608664877


20171212_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-26_p316

SpringBootプログラミング入門
6.4 エンティティの連携
Chapter6 図6-26 p316
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171212_sb_sbprogramming_nyumon_fig6-26_p316/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8130 &
            
/ringo-apo.com:8130/msg


20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-3_p326

SpringBootプログラミング入門
7.1 サービスとコンポーネント
Chapter7 図7-5 p326
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-3_p326/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8131 &
            
/ringo-apo.com:8131/find


20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-5_p329

SpringBootプログラミング入門
7.1 サービスとコンポーネント
Chapter7 図7-5 p329
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-5_p329/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8132 &
            
/ringo-apo.com:8132/rest/1


20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-6_p330

SpringBootプログラミング入門
7.1 サービスとコンポーネント
Chapter7 図7-6 p330
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-6_p330/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8133 &
            
/ringo-apo.com:8133/?id=1


20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-7_p333

SpringBootプログラミング入門
7.1 サービスとコンポーネント
Chapter7 図7-7 p333
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-7_p333/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8134 &
            
/ringo-apo.com:8134/rest


20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-9_p337

SpringBootプログラミング入門
7.2 覚えておきたいそのほかの機能
Chapter7 図7-9 p337
リロードする度にカウンタがアップします
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-9_p337/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8135 &
            
blue devil


20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-13_p344

SpringBootプログラミング入門
7.2 覚えておきたいそのほかの機能
Chapter7 図7-13 p344
"/1"にアクセスすると、ID=1のMyDataの内容がテーブルに纏められて表示される
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171213_sb_sbprogramming_nyumon_fig7-13_p344/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8136 &
            
732-658-5316


20171214_sb_mysql_test_db_findAll

findAll
MySQLを利用
test_dbデータベース、sampleテーブルが必要
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171214_sb_mysql_test_db_findAll/demo
mvn clean
mvn compile
mvn spring-boot:run --define server.port=8137 &
            
703-787-2769


20171215_todo-list-spring-test

「KotlinWebアプリケーション」サンプルプログラム
KotlinでSpringBoot
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171215_todo-list-spring-test
gradle clean
gradle build
java -jar /home/apo/Documents/develop/complete/20171215_todo-list-spring-test/build/libs/20171215_todo-list-spring-test-0.0.1-SNAPSHOT.jar --server.port=8138 &
            
2892307206


20171220_sb_kotlin_path

SpringBoot Kotlin Gradle を使用したpathのサンプル
実行すると、
localhost:8139/
localhost:8139/page1
localhost:8139/dir1
localhost:8139/dir1/page1
のパスが作られる
実行

cd /home/apo/Documents/develop/complete/20171220_sb_kotlin_path/20171220_sb_kotlin_path
gradle clean
gradle build
gradle bootRun &
            
843-348-1519
/ringo-apo.com:8139/page1
/ringo-apo.com:8139/dir1
/ringo-apo.com:8139/dir1/page1

Apo外部サイト

ringo.plala.jp
/ringo.plala.jp


よく使うサイト

Play Framework
/www.playframework.com/

Spring Framework
855-200-4923

CentOS6

ファイルやディレクトリのオーナーを変更する

sudo chown apo -R filename
「-R」を指定すると、配下のディレクトリファイルも同様に変更する

本ページのファイル位置:/var/www/html/index.html